オススメ商品

計装ネットワークモジュール スマート・デバイス・ゲートウェイ 形NX-SVG

アズビル株式会社


イーサネットおよびRS485レガシーネットワークにおいて各社PLC、各社FAデバイスの通信プロトコルをサポートし、従来の制御機器の大幅な機種切り替えをせずに装置IoT化を支援します。

この商品へのお問い合わせ


計装ネットワークモジュール スマート・デバイス・ゲートウェイ 形NX-SVG

特長

●主要なマルチベンダー間プログラムレス通信
・データ送受信設定は、転送先レジスタと転送元レジスタを指定するだけの簡単設定
・通信プロトコルの異なる異機種間通信も完全プログラムレス

●設置場所を選ばないコンパクトサイズに4つの通信ポートを装備
・1台にLAN×2ポート、RS485×2ポートの計4ポートを標準装備
・イーサネットには合計128台、RS485には合計62台までの機器を接続可能

●工作機械IoTにも貢献
・ファナック(株)製CNC、三菱電機(株)製CNCともイーサネットでデータ交換可能
・CNCがデータ収集困難なデバイスからのデータ収集を実現し、CNCのデータ収集能力を大幅に強化

2707

  • 装置IoT開発時間を大幅に短縮する設定ツール 形SLP-SVG

    2708

■マルチベンダー通信(マスタ通信)/Modbus/TCPサーバ

イーサネット機器間、イーサネット機器⇔RS-485機器間、RS-485機器間のデータリンクが通信プログラムレスで短時間に実現できます。
また、Modbus/TCPサーバ機能を装備しているため、プログラマブル表示機やクラウドサービスなどから、PLCを介さず機器に対してデータ表示、データ書き込みができます。

2713

  • マルチベンダー通信プロトコル対応

    《イーサネット通信》
    ・アズビル(株)CPL/TCPマスタ
    ・SLMPマスタ(MCプロトコル3E)
    ・横河電機(株)FA-M3パソコンリンク・マスタ
    ・オムロン(株)FINS TCP/UDPマスタ
    ・(株)ジョイテクト TOYOPUCコンピュータリンク・マスタ
    ・Siemens AG S7通信マスタ
    ・Modbus/TCPマスタ
    ・Modbus/TCPサーバ

    《RS-485通信》
    ・アズビル(株)CPLマスタ
    ・Modbus/RTUマスタ

■イーサネット高速大容量データリンク

計装ネットワークモジュール 形NX-□□□(以降、形NXとする)は、モジュール間内部通信バスもイーサネット化されています。このため、PLCと形NX間の通信はすべてイーサネット化され、従来にない高速大容量データリンク通信を実現します。また、内部通信バスがRS-485の従来型調節計は通信が順番待ちとなりますが、内部通信バスがイーサネット化された形NXでは並列通信が可能です。さらに、従来型調節計と比較して、圧倒的な通信パフォーマンスを発揮します。

  • 旧型RS−485通信調節計とイーサネット計装の構造比較

    2715

  • 形NX-□□□とRS−485調節計の通信周期比較

    2716

■デバイスアドレスを指定するだけの簡単なデータリンク設定

データ転送設定は転送元デバイスと転送先デバイスを指定するだけの簡単設定。PLCラダープログラムによる通信プログラムは不要です。さらに、固定数値(例えば、10進数の1234など)を機器に対して書き込むこともでき、機器のセットアップが可能です。

2718

■バックアップ&リストアによる形NX-□□□の簡単保守

形NX-SVGは、PLCのトリガON信号で形NX設定パラメータを形NX本体から自動的に読み出し、形NX-SVG内部にバックアップします。バックアップされた設定パラメータを再書き込み(リストア)するのも、PLCのトリガ信号をONするだけと、パラメータバックアップを簡単に実現します。

2719

■USBメモリで設定書き込み(設定ツールレスで現地設定)

設定ツールを使わず、USBメモリのみを使って形NX-SVGと形NXのセットアップができます。形SLP-SVGで生成されるセットアップデータ(xxx.snxsvgなたがxxx.nxsvg)がコピーされたUSBメモリを形NX-SVGのUSBポートに装着し、本体前面の機能選択スイッチを操作することで、形NX-SVG本体および形NXのパラメータセットアップができます。

2720

■使用事例

  • PLCに代わって装置内機器からデータ収集、可視化

    形NX-SVGがPLCに代わって工業炉制御機器(調節計、燃焼安全機器、流量計、インバータなど)からデータを収集。燃焼制御状態、バーナ燃焼状態、ブロワモータ状態、コンベアモータ負荷の可視化など、装置IoTのスモールスタートが可能です。

    2726

  • ライン管理システムの装置データ収集能力を100倍に増強

    形NX-SVGがライン管理システムに代わって装置からデータ収集。ライン管理システムは1台の形NX-SVGにModbus/TCPでデータアクセスするだけで最大100台分の装置情報を取得。
    さらに、イーサネットポートが2ポート装備されているため、ネットワークドメインを分離し、上位システム側ネットワークのIPアドレス消費も最小限です。

    2728

■システム構成例

※RS−485通信プロトコルの異なる機器は混在できません。日本のみ適用可能です。

2730

  • 形NX-□□□とRS−485機器の混在構成

    2731

  • RS−485機器のイーサネット接続

    2732

  • 形NX-SVG複数台接続による通信ポート数拡張

    2733

  • 既存設備の形CMC15Gから装置情報を収集

    2734

  • 920MHz帯マルチホップ無線によるエア、水道、電力量の計測システム

    2735

*イーサネットは、富士ゼロックス株式会社の商標です。
*Modbus is a trademark and the property of Schneider Electric SE, its subsidiaries and affiliated companies.
*TOYOPUCは、株式会社ジェイテクトの商標です。
*その他本文中に記載している製品名、機種名、社名は、各社の商標または登録商標です。
*記載内容は、お断りなく変更する場合がありますのでご了承ください。