オススメ商品

生産工程支援ソフトウェア for ポカヨケツール POKAYOKE plus

ヘルツ電子株式会社


工具作業のトレーサビリティ確保。

この商品へのお問い合わせ


生産工程支援ソフトウェア for ポカヨケツール POKAYOKE plus

特長

「工具(ツール)を用いた作業トレーサビリティを確保したい」というお客様向けに、LAN接続可能なポカヨケ用受信機と組み合わせてご利用いただけるWindows対応アプリケーションです。

■作業トレーサビリティの確保

複数工程に設置されたTW-800R-SCLまたはTW-800R-EXLを介して、ワーク(*1)毎の作業実績を記録・保存することができます。

*1 ワークは、「1台から複数台の工具を用いた作業内容」を意味し、例えば、「バッテリーツールで10回作業、チェックペンSで3回作業、検印スタンプで1回作業」という内容が登録されます。

  • 作業実績

    ワーク名、作業開始日時、作業完了日時、ジャッジ結果、FAIL要因 など

    2488

  • 作業実績状況をリアルタイムに把握

    “FAIL”が発生しているワークやワーク毎の作業実績状況をリアルタイムに把握できるため、ポカが発生した工程への速やかな対処が可能となります。

    2489

■複数工程にまたがるポカヨケ可能

POKAYOKE plusから複数工程に設置されたTW-800R-SCLに対して、ワーク実行指示や作業回数のカウントアップ設定等を行うことができます。

1ワークに最大8か所に設置されたTW-800R-SCLを登録することができるため、最大8台の工具を用いた作業に対するポカヨケが可能です。なお、登録できるワークの登録数は無制限です。

2490

  • 最大8ワークまでワーク実行予約が可能

    2491

■PCでもカウント機能を実現(POKAYOKE plus Viewer)

TW-800R-EXLと連携する場合、作業現場にPOKAYOKE plus ViewerをインストールしたWindowsPCを設置することで、最大16ヶ所でポカヨケが可能となります。
1ワークに最大8台の工具を登録することができるため、最大8台の工具を用いた作業に対するポカヨケが可能です。なお、登録できるワークの数は無制限です。

  • POKAYOKE plus Viewer

    POKAYOKE plusからのワーク実行指示に基づき動作し、ワークの作業内容の表示や作業回数・ジャッジ結果の表示を行います。

    2492