オススメ商品

3D測域センサ YVT-35LX

北陽電機株式会社


3次元でワイドな計測
水平、垂直方向にレーザ光をスキャンして広範囲に照射、測距!

この商品へのお問い合わせ


3D測域センサ YVT-35LX

特長

1周期2590点の豊富な点群データを出力し、インタレース機能により点群数を増やして解析度を上げる事が可能です。
IMUセンサやPPS入力など便利な機能も充実しています。

■長距離測定

  • 他方式のセンサの場合、測定距離が短い ⇒ 半導体レーザが光源なので、長距離測定が可能に

    水平方向210°垂直方向40°の広範囲計測により、幅・奥行き・高さが分かり、物体を立体的に検出することが可能です。
    半導体レーザを光源として使用しており、高い測定精度を誇ります。前方向0.3〜35m、横方向0.3m〜14mと、他の方式に比べて測距範囲が広いのが特徴です。

■耐環境性に優れている

  • ステレオカメラを使用すると夜間作業で不便 ⇒ 暗闇での使用が可能

    レーザを自発光しており、屋内外を問わず、暗闇環境でも使用できます。
    使用周囲照度も100,000lxと屋外環境下での使用にも適しています。また、マルチエコー機能により、悪天候下での使用への耐性も向上しました。

    ※マルチエコー
    1方向への距離計測に対して雨や霧などの複数のエコー(反射光)を受光し、それぞれから距離データを得る機能です。複数の距離データから、目的とする反射体の距離データを選ぶことができます。YVT-35LXは、4エコー対応品となっております。

    2112

■インタレースモードにより解像点数をアップ

  • 他方式のセンサの場合、形状認識の精度が悪い ⇒ インタレースモードで高精度形状認識が可能に

    レーザの照射する位置を周期ごとにずらす事で、高密度に点群データを取得できます。解像度があがり、物体認識しやすくなる。
    インタレースは水平方向20倍(最大)、垂直方向10倍(最大)まで上げることができ、水平方向20倍×垂直方向10倍のとき、HD(High-Density)モードとなります。他の方式と比べて縦方向の点群数が多いのが特徴です。

    ▽インタレースモードに撮影

    2113

■レーザ照射イメージ

2115

■走査イメージ

2116

■その他の機能

  • IMUセンサ搭載

    IMUからの姿勢データにより3D測定データを補正できます。
    内蔵IMUなので時間補正が必要ありません。

  • PPS(Plus Par Second)入力

    GPSと併用する場合、PPS信号によりセンサのタイムスタンプをリセットし、累計誤差をなくします。

  • スキャナ同期出力

    センサ内部の光学スキャナ方位を示すタイミング信号を出力していますので、外部機器の同期に利用できます。

■3次元計測方式と他技術の比較

YVT-35LXは従来のカメラ方式と違い、レーザを自発光しており、照度変化に影響されません。
暗闇環境でも精度が変わることなく使用できます。
また、レーザ光を光源としているため、プライバシー保護が要求されるような用途に有効です。

  • 他技術との比較表

    2119

■用途例

  • AGVへの搭載による工場内マッピング

    2121

  • 自律ロボットの周囲認識

    2122

  • フォークリフトでの障害物、パレット形状、高さ検知

    2123

  • 建機による土・土砂の形状認識

    2124

  • 切削量や穴の深さ検知

    2125

  • 湾岸用クレーンのトラックとの接触・衝突防止

    2126

  • コンテナ位置検知

    2127

  • 立体駐車場居残り検知

    2128

  • 立体駐車場ドアミラーはみ出し検知

    2129

  • 人数カウント

    2130

  • インタラクティブコンテンツ

    2131