オススメ商品

タングステン耐切創手袋

パナソニック ライティングデバイス株式会社


軽い、薄い、でも強い。
刃物、ガラス、金属類を扱う作業で、手や指先をしっかりガード。

この商品へのお問い合わせ


タングステン耐切創手袋

特長

■高強度極細タングステン線を織り込むことで『柔軟性』と『高耐切創レベル』を両立

  • 優れた『柔軟性』でストレスフリーの装着感、用途も多彩

    高強度極細タングステン線の太さは髪の毛の1/5。優れた柔軟性を実現。

  • 『耐切創レベル5(欧州CE規格 EN388準拠)』の保護性能でしっかりガード

    高強度極細タングステン線の強度はステンレスの約2倍。
    切創のリスクがある作業でも安心してご使用いただけます。

    ※ヨーロッパ(EU)規格による切創試験の数値結果において、レベル5は最高の耐切創レベルになります。(EN388 2016年現在)

  • 太さは髪の毛の1/5、繊維強度がSUSの2倍

    高強度極細タングステン線を採用した新素材の耐切創手袋です。
    ダイヤモンドに次ぐ優れた硬度を誇る希少金属「タングステン」を極細に加工し、繊維として織り込むことで、これまでのアラミド等の繊維素材やステンレス線入り繊維素材製品では実現できなかった「強さ」と「薄さ」を両立しました。

    1964

  • 耐切創繊維比較レーダーチャート

    1965

  • 備考

    ※本品は耐切創性素材を使用していますが、刃物やガラス、金属のバリなどに対して絶対に切れない、破れないというものではありません。綿やナイロンなどの素材と比較して、切創抵抗値が高く切れにくく、切創事故防止の目的でつくられている商品です。
    ※製品の定格およびデザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。
    ※製品の色は印刷物ですので実際の色と若干異なる場合があります。