オススメ商品

電圧・電流出力センサ用波形チェッカー F388A

ユニパルス株式会社


数値だけではとらえにくい物理量の変化を波形表示で視覚的にとらえる!
<RoHS指令対応製品>

この商品へのお問い合わせ


電圧・電流出力センサ用波形チェッカー F388A

特長

F388Aは、電圧・電流出力タイプのセンサと組み合わせ、圧力・荷重・トルクなどの物理量を波形表示することができるデジタルインジケータです。数値だけではとらえにくい物理量の変化を波形表示によって視覚的にとらえることができます。秒4000回の高速処理により、細やかな値の変化にも対応でき、上下限比較機能(波形比較含む)をはじめ多彩なホールド機能や判定機能を装備しており、生産管理用制御システムや自動機器または試験機といった幅広い用途に利用することができます。

  • 測定データをSDカードに保存

    測定データや設定値はSDカードにログ(記録)をとることができます。 全測定データ記録し品質データとして、また、装置立ち上げ時やトラブル発生時の原因分析・改善等に役立てられます。 データはCSV形式に簡単に変換でき、エクセルなどで容易に編集することができます。

    1888

  • 秒4000回の高速処理

    センサ信号入力を秒4000回で処理できる高速A/Dコンバータ・高速CPUを搭載。細かな値の変化も見逃しません。

  • アナログモニター出力

    レコーダなどに記録するのに便利な入力信号に比例した電圧出力です。
    入力1V当たり約0.6Vまたは入力1mA当たり約0.15V

  • 豊富なインターフェイス

    システムのネットワーク化に柔軟に対応できる豊富なインターフェイスを用意しています。Ethernetや実績のあるRS-232Cをはじめとして、DeviceNetやCC-Linkなど、現場のPLCにダイレクトに接続できます。

  • 3.5インチカラー液晶&タッチパネル

    タッチパネルに直接触れることで簡単に設定操作ができます。

  • 抜群の操作性

    不必要な設定項目に自動的にマスクをかけ、設定する順番が決まっている項目については順序表示します。

  • 外部制御入出力はプラスコモン/マイナスコモン共用 シンクタイプ/ソースタイプ選択可

    外部制御入出力の入力形式はプラスコモン/マイナスコモン共用タイプです。また、出力形式はシンクタイプ/ソースタイプから選択できます。PLCなど様々な外部機器の接続が可能です。

■波形表示による比較&ホールド機能

測定波形に対して良否判定を行える機能です。 アプリケーションに合わせて、波形比較機能、マルチホールド機能を組み合わせて判定できます。

  • 波形比較機能

    上下限の設定波形と実際の測定波形を比較します。1箇所でも上下限の設定波形を超えるとNGとなります。
    測定波形全体を対象とすることで、判定ポイントの絞れないアプリケーションも確実に良否判定することができます。

    【波形比較画面】
    測定波形全体を上下限比較できます。

    【設定波形作成画面】
    上限・下限の波形は実際の測定波形や設定波形作成画面で簡単に作成できます。

    1889

  • マルチホールド機能

    測定区間を分割して、ホールド(サンプル・ピーク・ボトム・P-P・極大・極小・変曲点)を任意に切り換えながら判定が行えます。区間ごとに上限値、下限値、ホールドの種類を指定することができます。

  • パルス入力を標準装備

    パルス入力による2次元での波形比較&マルチホールドが行えます。X軸にはパルス入力、Y軸には電圧・電流出力センサを接続できます。
    ※X軸に何も接続しない場合は、時系列での波形比較&マルチホールドが行えます。

  • 判定結果一覧表示

    波形比較機能、マルチホールド機能の比較結果を確認できます。(直近40データ分)
    一覧表示と個別表示の2画面から選択できます。

    1890